March 3, 2019

December 27, 2018

December 26, 2018

December 25, 2018

Please reload

最新記事

平成最後の年明け“キャンペーン第二弾”【鳥手羽ガールキャンペーン】

February 1, 2019

1/7
Please reload

特集記事

オステリア・アルバ店主 松島かおるさんへのインタビュー

1/12/2019

昨年はみなさんの温かいご支援・ご協力のもと、さまざまな新しい取り組みを進めさせていただいた一年でした。2019年も取手発信の鳥手羽かくれんぼから、楽しくて美味しいご当地グルメの提案をさせていただければと考えていますので、あらためて本年もよろしくお願いいたします。

 

さて年明け早々、2018年の12月に実施した“鳥手羽かくれんぼグランプリ”の初代チャンピオンの栄冠に輝いたオステリア・アルバ(守谷市けやき台5-17−4)の店主の松島かおるさんに鳥手羽スタッフがインタビューを行わせていただきました。

 

グランプリに選ばれた喜びの声や料理へのこだわり、今年の抱負など伺ってまいりましたので、オステリア・アルバの魅力や店主の人柄を感じていただければと思います♪

 

▽オシャレな店内でのインタビュー。美味しそうな生ハムやワインが並んでいます。

 

 

はじめての鳥手羽グランプリでの受賞、今のお気持ちはいかがですか?

 

“素直にうれしいです!初代だったんですね。まだ鳥手羽かくれんぼに参加させて頂いて一年もたたないので、少し申し訳ないような気持ちもありますが嬉しい気持ちが勝ちます。鳥手羽かくれんぼがもっと浸透してくれるよう今後もがんばります! ”

 

2010年からスタートした鳥手羽かくれんぼ。2018年からは取手を超えて、守谷の一部店舗の加盟店が増えました。

 

オステリア・アルバさんは守谷市けやき台にあるイタリアの家庭料理が味わえる本格イタリアンのお店です。また、守谷の駅前にある海鮮浜焼 一笑一盃と合わせて、守谷でも鳥手羽かくれんぼが味わえるようになりましたのでお近くの方はぜひご賞味いただければと思います。


今回、インスタに投稿いただいたアルバのオリジナルかくれんぼと、他にはない世界観のテリーヌですね。それぞれの料理についてご説明をいただけますでしょうか。
 

▽イタリアの家庭料理が口の中に広がるアルバ特製の鳥手羽かくれんぼ。

 

 

“オリジナルの鳥手羽かくれんぼ(☝の写真)は、アルバらしくイタリアの家庭料理を取り入れたものにしたいと考えて作りました。

 

マンマ(イタリアのお母さん)はお肉やイカ、ズッキーニ、大きなショートパスタなどに、パン粉をたっぷり使いチーズや卵も入れたタネを詰めて揚げたり、煮たりして家族が喜ぶ料理をよくつくるんですね。それを鳥手羽に合うよう色々と混ぜ込んで手羽の中に詰めてみました!

 

そのままでもおいしいのですが、味の変化を楽しめるようにスパイスが効いたトマトソースをかけて提供させていただいています。”

 

▽鳥手羽かくれんぼの常識をいい意味で裏切ってくれたテリーヌ。絶品です!

 

 

“鳥手羽テリーヌ(☝の写真)は姿が見えなくなっちゃうので悩んだのですが、敢えて意外性で楽しんでもらうこと、鳥手羽全体の美味しさを前面に出せるお料理だと思い作りました。女性にはコラーゲンも嬉しいですよね。調理に時間がかかるのでいつもあるわけではないのですが、なるべくみなさまに召し上がって頂けるよう努力します!”

 

<スタッフの感想
アルバで提供される料理はすべて丁寧な仕事ぶりがうかがえて。写真を見ているだけでも心が温かくなりますね。そして、どちらも美味しそうです^^ 


グランプリの初代チャンピオンになったアルバさん。1月から感謝の意味を込めたアルバオリジナルキャンペーンを開催いただきますが、サービスの内容についてお教えください。

 

“1月8日(火)から2月9日(土)まで、ハートランドの生ビールと鳥手羽1本のセットを700円で提供させていただきます!(元々の値段は生ビール600円・鳥手羽1本当たり250円)2月2日(土)にはオステリア・アルバも7周年を迎える※ので、それに合わせてお客さんにビール&チキンを楽しんでもらえればと思います。”


※7周年記念日の当日には、常連さんを招いての感謝イベントを実施予定とのことです。


 

◎アルバのグランプリ感謝キャンペーン


期間:1月8日(火)から2月9日(土)までの間、 
サービス内容:ビール&鳥手羽1本 700円(850円相当。実質、鳥手羽が100円に!)


鳥手羽かくれんぼを提供し始めて、どんな反響がありましたか。また、当プロジェクトに加盟して良かったことがあればお聞かせください。

 

“世界が広がりました。手羽餃子という言葉を単純に聞いただけではメニューには入らなかったと思います。まちおこしの一環で自分がプロジェクトに参加するのは協力する(一緒にがんばる)ということ。それに応えられるよう、頭を柔らかくしてお料理に向き合えたことが良かったです。


鳥手羽かくれんぼを毎回頼んでくれるお客さんがいたりして。いい宣伝にもなりました。それと、守谷にもB級グルメはありますが、鳥手羽かくれんぼは加盟店ごとにオリジナルの料理をつくって参加できるので面白いと感じています。”

 

▽鳥手羽のマスコットキャラクターの帽子をかぶってのインタビュー。

 


最後に、今年の抱負が決まっていたらお教えいただけますでしょうか。

 

“初心に返って、誰かのために美味しいモノをつくりたいです。2018年はあまりいい売上ではありませんでした。でもそれは自分が良くなかったのかもしれません。気持ちを切り替えて、お客さんが喜んでくれるようシンプルに美味しいモノをつくりたいと考えています。”

 

▽手間をかけて一杯一杯、コーヒーを抽出して提供する松島さん。こだわりが感じられますね。

 

 

ご本人も市外から移って来られたいわゆる“新住民”ですが、守谷は県外からの新住民が大半。新しい町だから何かしないとという気持ちが強い地域性があると仰います。

 

取手から始まった鳥手羽かくれんぼですが、取手には戸頭団地のアートな妻壁や、七福神とか、小堀の渡しとかいい場所がいっぱいある。守谷と良い連携ができるはず。取手からの発信で、みんなで楽しいイベントにしていこう!という声を挙げていけば、茨城県南で盛り上がるプロジェクトに育っていくはずと心強いメッセージを頂きました。

 

また、ママ友で終わらないよう、女性同士の縁を広げるきっかけづくりとして定期的に“お散歩会”を開催したり、常総市の水害ボランティアを通じてつながった仲間たちと“幸せマルシェ”を一言主神社で年に4回開催するなど、地域にとって意義のある取り組みを続けてこられている松島さん。

 

お店に気軽に来てもらうきっかけにと始めた、お惣菜のお持ち帰りサービスも徐々に固定客が増え、今年は揚げたての鳥手羽かくれんぼや、から揚げの提供にも力を入れていきたいとのこと。

 

駅前ではなく、守谷の住宅街にお店を構えているという立地を逆に活かして、お客様とのつながりや食を通じた地域の活性化に取り組む松島さんの今後の取り組みを鳥手羽かくれんぼとしても応援していきたいと思います!

 

▽グランプリ受賞を喜ぶ松島さん。


お休みのところインタビューに丁寧に応えていただきありがとうございました。スタッフ一同。

 

 

 

 

★オステリア・アルバ★

 

住所:茨城県守谷市けやき台5-17-4
電話:029-745-5803
営業時間:18:00~24:00(L.O) 
定休日:日曜日・月曜日
Facebook:https://www.facebook.com/osteria.alba/

 

Please reload

ソーシャルメディア